ニキビ跡や赤み解消にオリジナル化粧品│化粧品でキラっと蘇る肌

顔の手入れ

敏感肌の症状と対策

美容液

敏感肌とは肌のバリア機能が弱まってわずかな刺激でも痒みやかぶれ、赤みがでる状態です。原因としては乾燥によるものが大きく、予防としては紫外線対策や入浴時にナイロンタオルを使わないこと、保湿を心がけることなどがあげられます。

詳しく見る

手軽にスキンケアは出来る

ファンデーション

コラーゲンをたっぷりと配合してあるラフィネパーフェクトワンは、弾むようなハリや弾力、潤いを取り戻すのに役立ちます。また、オールインワンタイプなので、洗顔後にたった1つでお手入れが完了してしまうという手軽さも、メリットの一つです。

詳しく見る

時短とケアに高い効果

クリーム

スキンケアでの手間を省ける製品として、オールインワンゲルがあります。中でもメディプラスゲルは高い効果があり、高レベルの潤いと保水効果をもたらします。アンチエイジング作用のあるプラセンタも、高い効果をもたらす一因です。

詳しく見る

赤みのあるニキビ跡ケア

ニキビ跡のセルフケア

容器

ニキビ跡にも幾つかのタイプがあり、赤みが残るタイプと色素沈着してシミのようになるタイプ、凸凹のクレーターのような状態になるタイプがあります。 この中でも一番症状が軽くてセルフケアで改善しやすいのが、赤みがあるタイプです。 赤ニキビなどの炎症を伴うニキビができてしまうと、肌表面のニキビは治っていても、内側がまだ炎症を起こしていて赤みが残ってしまいます。 また、肌が固くなっていて、炎症による毛細血管のうっ血が皮膚から透けて見えているニキビ跡の場合もあります。 肌や体には回復機能が備わっていますから、それを高めるようなスキンケアを行いましょう。 しっかりと水分を与えてあげて乾燥を防いで保湿することで、肌のターンオーバー活性化に役立ちます。

低刺激のファンデーション

赤みのあるニキビ跡になってしまったのは、日々使っているファンデーションやコンシーラーが原因になっている場合があります。 ファンデーションは油分を含んでいますから毛穴に詰まると酸化しやすくニキビやニキビ跡を悪化させてしまいます。 また、様々な化学物質が肌に刺激を与えてしまって、ニキビ跡の原因になっている場合があります。 目立つニキビ跡を隠そうと厚く塗ってしまうとその分肌にも負担になりますし、毛穴が呼吸できなくなってしまって毛穴詰まりの原因にもなります。 なるべく低刺激で余分な成分を含まないファンデーションを使用するようにして、悪化させないのが大切です。 また、カバー力が高いものほど肌への負担も高いですから、ニキビ跡が良くなるまではカバー力よりも肌への優しさを考慮するのが大切です。